情報処理 : 未来を設計する | Murrelektronik
Engineering the Future: Information Handling

未来を工学する : インフォメーション・ハンドリング

結果を最大限に!

稼働率こそが収益性の決め手!これは機械やシステムも例外ではありません。最大の結果を引き出すには、最高のパフォーマンスが必要です。高い信頼性と計画性を確保することで、企業は生産から最高の経済的利益を得ることができるのです。

Engineering the Future: Information Handling Example with the Cube67 Diagnostic Gateway
Engineering the Future: Information Handling Example with the Cube67 Diagnostic Gateway
Engineering the Future: Information Handling Example with the Cube67 Diagnostic Gateway

ダウンタイムの削減

上記の内容を達成するためにも、両予定内・外のダウンタイムを削減することは必要不可欠です。エンジニアリングチームは通常メンテナンスを計画して診断システムを作成し、突然の機械の故障に最速で対応できるようにすることで、こうした課題を解決します。

診断システムは広範な性能で構成されており、有用なデータインフラストラクチャを含んでいます。通例、診断システムは機械やシステムの状態をリアルタイムで把握するための手段です。今日では、最新の機械やシステムが圧倒的な量の診断データ、プロセスデータ、さらにはパラメータデータまでをも提供してくれますし、高度なセンサー技術が広範囲の測定値を記録します。将来産業用Ethernetをベースにした設備には、予知保全戦略の一環として診断データが含まれるようになってきます。この発展は、エンジニアやメンテナンスオペレーターが所定の整備間隔に迅速に反応する体制を整えるのをサポートしてくれることでしょう。

診断への挑戦

適切なデータは、世界中のどこにいても、適切な人に、適切なタイミングで、そして適切なフォーマットで提供されなければなりません。

つまるところ、インフォメーション・ハンドリングこそが勝利への鍵なのです。

しかし、これは実際どういったところに表れるのでしょう?

計画やコミッショニングの段階では、能動的診断システムをおろそかにしてしまうことがよくあります。短期的に見て他のことを優先してしまい、納期もすぐに迫ってきます。診断機能がプログラムされるべきであることには誰もが同意しているのに、実際にはバスや産業用Ethernetプロトコルごとに個別に開発しなければならないと手間を惜しんで、診断機能がしばしば見過ごされしまうのです。これは通常最初のエラーが発生し、原因究明が半ば終わりの見えない狩りと化した時に初めて顕著になってきます。

そんな課題に呼応し、Cube67診断ゲートウェイは生まれました。受賞歴も持つ当製品は、柔軟な診断システムの導入を容易にし、あらゆるウェブブラウザから利用可能、モジュール式、かつバスシステム自立型の装置です。

診断を簡単に - Cube67診断ゲートウェイ

MurrelektronikのCubeフィールドバスシステムは幅広い診断オプションを提供します。新たな診断ゲートウェイで、Ethernetインターフェースを介したPlug&Playでのデータへのアクセスが可能に。このソリューションは実装が簡単で、故障時に明確な指示を提供し、機械の可用性を最大限に高めてくれます。

  • コミッショニングエンジニアは、診断ゲートウェイを使用することでキューブシステムのトポロジーを調査し、設備の欠陥を早期に検出することができます。
  • 機械や構築装置の整備担当者は、診断ゲートウェイの一時的に統合により迅速なエラー識別が可能になります。このほか、こちらのシステムは機械の受け入れテストにもぴったりのソリューションです。恒久的統合の例には、フィールド内で電気技術者にリモートアクセスを介したガイドを提供するための優れた手段としての利用等が挙げられます。
  • 診断ゲートウェイを恒久的に装備する機械やシステムのオペレータは、潜在的な問題にも早期に対応することができます。トラブルシューティングの指示を事前に把握、さらに修理者は必要なスペアパーツのみを携えて修理現場に臨むことができるというのが、実現できる最高のシナリオです。

ホワイトペーパーのダウンロードはこちら

フォームに必要事項を記入するとダウンロードエリアにアクセスが可能になります

計算の答えを入力してください
captcha
*必須項目

このウェブサイトではお客様に快適にご利用いただくため、クッキーを使用しています。サイトの閲覧を続けることで、お客様は当社のクッキーの使用に同意したことになります。詳細はこちら

こんにちは
いつでもお待ちしております。
お気軽にご質問ください