フロントパネルインターフェース、Modlink MSDD | Murrelektronik

Modlink® MSDD

フロントパネルインターフェース

制御盤外への配線接続

Modlink MSDDインターフェースは、診断や点検等作業が必要な場合にコントロールへの便利なアクセスを提供します。制御盤の扉を開ける必要がなく、推奨される機器や設備の保護クラスを維持できるので、制御盤内のコンポーネントが現場環境から悪影響を受けるのを防ぎます。

Modlink MSDDに無料でお客様ご希望のテキストやロゴをレーザー刻印するサービスも行なっております(数量限りなし)。

Modlink MSDD サービスインターフェースはスイッチ制御盤上の目につきやすい位置に設置されるので、システムラベル、バーコード、警告サインなどのレーザーマーキングに最適です。追加の標識に予算を費やす必要はもうありません。取引業者やラック制御盤メーカーの皆様にとっては、このエリアにロゴを入れることで宣伝効果にもご期待いただけることと思います。

Modlink MSDD のカスタマイズ方法(PDF)

ワールドワイドな応用のためのモジュール設計

  • 扉を開けずに診断・点検が可能
  • 制御盤の部品を保護 & サービス中でも安全水準を維持します。
  • 10万通り以上のインサートとフレームの組み合わせ
  • RCBOが内蔵されたインターフェース
  • 世界中全地域の電源タイプを完備
  • 幅広いデータコネクタの品揃え
  • 国別のソリューションでグローバルな利用にも最適
  • cURus認証取得品
  • ULタイプ評価1、4、4x、12、および13
閉蓋も簡単
わかりやすい機械構造
希望のフタを選択可能
Murrelektronik easily closed pictogram
シンプルな使用方法

Modlink MSDDは3mmダブルビットキーを使用して閉蓋します。スナップインノブも同様にご利用いただけます。

内蔵されたバネ

Modlink MSDDはアンロック時、内蔵されたスプリングによってフタが30°常に開くよう設計されていますので、開きっぱなしになっていないかがすぐわかる仕組みとなっています。

ご希望に合ったオプションを

Modlink MSDDフレームはシングル、ダブルともに、透明、シルバー、ガラス繊維強化のフタからお選びいただけます。

もっとみる

技術詳細と製品特性

関連商品

こんにちは
いつでもお待ちしております。
お気軽にご質問ください