Emparro ACCUcontrol UPSモジュール | Murrelektronik

Emparro ACCUcontrol

機器の寿命を伸ばします

Emparro ACCUcontrol UPSモジュールは、高性能なEmparro電源システムを完成させる要素を担っています。当モジュールは停電時に自動的にバッテリー運転に切り替わり、機械のダウンタイム防止に貢献します。UPSシステムのコストパフォーマンスは、機械停止を回避して初めて真価を発揮するものです。

最大40Ahの外部鉛電池が、安心のブリッジング持続期間を保障します。UPSモジュールは20Aまたは40Aのシステム対応型をご利用いただけます。Emparro ACCUcontrolはメンテナンスフリー、さらに工具を使わずに組み立て可能。20Aモデルは幅が65mmとコンパクトで、制御盤内のスペースをほとんど必要としません。

障害発生時も安心の電力供給

  • 停電時のバッテリー運転無停止切り替え機能により、機械のダウンタイムを防止
  • 温度制御充電機能による最大限のバッテリー寿命
  • 総合的なコントロールと予知保全機能付きの診断オプションによる高い運用信頼性
  • IPC用のシャットダウン機能を搭載、使いやすいコンピュータソフトでデータの損失を防止します
寿命を最大化
予知保全
接続が簡単
Murrelektronik maximum life time pictogram
温度調節でバッテリーの寿命を最大限に

バッテリーは温度の低い環境におかれた方が、長持ちし、より良いパフォーマンスを発揮してくれます。これを活かし、Emparro ACCUcontrolは温度に応じてバッテリーを充電できるようになっています。充電電圧は周囲の温度に合わせて調整され、この機能によって高温環境でもバッテリーの寿命を最大限に延ばすことができます。

Murrelektronik predictive maintenance pictogram
予知保全で故障を回避

Emparro ACCUcontrolは、接続されたバッテリーの内部抵抗を恒久的に監視する役割を持っています。限界を超過した場合、デバイスがアラームコンタクトを通して警告信号を発するので、メンテナンス期間のバッテリー交換に向けたスケジューリングも容易になります。さらに、この予測情報によって、予期せぬ故障の発生を防止し、小さなエラーの度に技術者を現場に派遣しなければならないといった心配もなくなります。

Murrelektronik simple connection pictogram
産業PCにも簡単に接続

Emparro ACCUcontrolは、ミニUSB経由で産業用PCと簡単に接続することができます。本製品により、停電が発生した際も、統制された方法で産業用PCのシャットダウンが行われます。また、グリッド電圧やバッテリーの充電状態をリアルタイムで監視することも可能になります。動作状態はプロトコル内で文書化され、動作パラメータは非常に簡単に設定していただくことができます。

もっとみる

技術詳細と製品特性

関連商品

こんにちは
いつでもお待ちしております。
お気軽にご質問ください