電子式サーキットプロテクタ、MICO Basic | Murrelektronik

MICO Basic

電子式サーキットプロテクタ

監視、検出、対処

MICO Basicは、Murrelektronikが提供する24V DC用の電子式サーキットプロテクタです。電流値を監視し、短絡時や過負荷時はチャンネルを高速でシャットダウンする一方で、突入電流によるミストリップを起こしません。MICO Basicの導入は、センサとアクチュエータが類同した要件を持つあらゆる環境にお薦めです。電流範囲はあらかじめ設定されており、モジュールは2、4または6A、そして4もしくは8チャンネルを監視することができます。

DC24V用電子回路制御

  • 出力チャンネルは4つまたは8つの2種類から
  • トリップ電流は2、4または6Aにて固定
  • スペースを節約。 遮断器を設置した場合に比べ66%の省スペース化を実現
  • DC24Vシグナルでリモートスタート
  • グループ式警報接点
  • 最小限の電力損失
  • 温度の影響を受けません
  • 完璧なシャットダウン機能。必要なだけ速く、可能なだけゆっくり
スプリングクランプ式端子
ブリッジングシステム内蔵
段階的な立ち上げ
容量性負荷
90% での注意喚起
世界規模で使用可能
トラブルシューティング
耐振動かつメンテナンスフリー

スプリングクランプ端子の採用により、最短時間での設置を実現。メンテナンスフリー、耐振動性を特長としており、ねじ端子締め直しのための定期的な点検は一切必要ございません。

配線労力を軽減

内蔵されたブリッジングシステムが複数のMICOモジュールを接続する役割を持っています。この仕組みによって、設置時間削減、また配線ミス発生確率低減につながります。

Murrelektronik delayed start up pictogram
突入電力を回避

MICOは、個々の電流路で段階的に起動を行うことで、立ち上げ時の突入電流を回避しています。これにより電源を突入電流を考慮した容量ではなく、起動後の平均時の容量へサイズダウンしていただくことができます。

容量は最大20,000μF

1チャンネルあたり最大20,000μFの負荷に対応が可能となっており、1台のデバイスで、複数の容量負荷をモニタリングすることができます。

Murrelektronik warning notice pictogram
早期に問題防止

チャンネル内で電流が設定された電流負荷の90%に達すると、LEDが緑色に点滅します。この機能は、万が一電力需要の増加によって稼働中にチャンネルが故障してしまった場合に、早期にモータバルブの摩耗に対処するのに役立ちます。

Murrelektronik worldwide applications pictogram
世界各地で認可されています。

MB冗長運転ユニットは多くの国際認証を受けており、グローバルな事業展開にも最適です。

動作状況を保存

MICOは停電が起こった場合に、各チャンネルの動作状況を保存するよう設定されています。これにより、チャンネルを再起した際のトラブルシューティングをより簡単に行なっていただけます。

もっとみる

技術詳細と製品特性

このウェブサイトではお客様に快適にご利用いただくため、クッキーを使用しています。サイトの閲覧を続けることで、お客様は当社のクッキーの使用に同意したことになります。詳細はこちら

こんにちは
いつでもお待ちしております。
お気軽にご質問ください