フィールドバスモジュール、MVK メタルセーフティ | Murrelektronik

MVK メタルセーフティ

アクティブセーフティテクノロジーのためのフィールドバスモジュール

人と機械を保護

自動車産業でのアプリーケーションには安全性が特に求められます。MVKメタルセーフティフィールドバスモジュールは、高い満足度を誇るアクティブセーフティテクノロジーソリューションです。MVK メタルセーフティは、安全度レベル3(IED 61508およびIEC 62061に準拠)および性能レベルe(EN ISO 13849-1に準拠)を満たす設備コンセプトを実現します。さらに本製品は、入力のみ、または両入出力機能付きから選択してお求めいただけます。

少ない配線と多くの診断

  • アクチュエータやセンサへのI/Oケーブルを短く
  • M12とプッシュプル接続
  • 配線エラーを回避
  • 広範的な診断機能
  • 耐久力の高いメタルハウジングで頑丈な設計
安全保障アドレス
PROFINET/PROFIsafe
IP67定格
論理不整合監視時間
診断機能
視覚的サポート
チャンネル間の逆極性による安全性
高い耐久性
ProfiNETの安全構造

安全に関連したコンポーネントは、ProfiNET システム内で自立したアドレスを持っています。MVK Metal Safetyを使えば、3つのロータリースイッチを通してアドレスの設定も行っていただけます。

Murrelektronik profinet profisafe pictogram
安心のフィールドバスプロトコル

PROFIsafe とは PROFINET フィールドバスプロトコルの安全関連を発展させたもので、 安全性に関するデータを送信する役割を担います。こちらのフィールドバスプロトコルは工業応用での標準となっているため、お客様には既存の通信構造を継続してご使用いただけ、配線、設置時間短縮に貢献します。

Murrelektronik ip rated pictogram
環境作用への耐性

本ユニットは、防塵、耐タンパー性、一時的な浸水(水深1mで最長30分)からの保護等の特徴を備えています。

誤差を補正

1つの入力ポートが2つのチャンネルによって使用される時、異なるセンサーなどが原因で誤差時間が発生することがあります。調整可能な論理不整合監視時間(discrepancy time)によって、こういった誤差は補正することができます。

Murrelektronik diagnostics pictogram
広範的な診断機能

過負荷、センサーの短絡、断線などの故障に備え、チャンネルを個別に監視することができます。障害が発生した際は、影響を受けたポートにLEDが点灯し、メッセージがコントロールへ送信されます。

Murrelektronik visual support pictogram
黄色は安全の証

コンタクトキャリア、ライトリング、ラベルプレートが黄色の場合は、そのモジュールが安全であることを示しています。

故障を即座に検出

MVK Metal Safety は、自立したパラメータ化可能なクロック信号を搭載しており、ケーブルの挟み込みや接地不良による交差回路が即座に検出されるようになっています。

保護コーティングと完全ポッティング加工の施されたハウジング

フルダイキャストハウジングは、溶接を防ぐための保護仕上げが施されており、モジュールも耐溶接スパーク性とIP67定格の両方を備えています。さらにハウジングには完全ポッティング加工がなされていて、モジュールの耐振動性(振動15g、衝撃60g)と過酷な作業環境での利用適性を十分に発揮します。

もっとみる

技術詳細と製品特性

このウェブサイトではお客様に快適にご利用いただくため、クッキーを使用しています。サイトの閲覧を続けることで、お客様は当社のクッキーの使用に同意したことになります。詳細はこちら

こんにちは
いつでもお待ちしております。
お気軽にご質問ください